骨董展

骨董品と人を見極める目を持って

骨董品を買取ってもらう場合は、買取店に専門家である鑑定士がいるので、査定依頼を行って結果を受け取ってから、正式に買取依頼するのか、それとも別の業者にも相談してみるのか、手元に置いておくのかを判断できます。しかし、自分で骨董品店やインターネットのオークションサイトなどで骨董品を購入する場合には、自分でその品物の価値を判断する必要があります。 実店舗ならば、実物を手に取って確かめたり、店主にアドバイスを求めたりすることができますが、インターネット経由の場合には添付されている写真やデータ、その品物の出品者や仲介サービスが、どの程度信頼できるか、鑑定眼を持っているかを見極めて、サービスを利用します。 宅配買取やネットを通した取引が盛んになっているので、骨董品を扱うサービスも多様化しています。流通経路や鑑定方法などをしっかり説明している業者やサービスもあるので、企業情報を確認して利用するのがポイントです。