骨董展

骨董を買うならば骨董商

骨董を専門的に扱っている人のことを骨董商といいます。骨董商というのは、要するに古物商であり、これは許可制になっています。ですから、買う時にはそうした許可を得ているのかどうかを確認してからにしたほうがよいです。但し、注意するべきこともまだまだあります。それは許可を得ているからといって、売っている骨董が確実に本物を売っているわけではありませんから、そこは勘違いしないことです。つまりは、あくまで古物、この場合は骨董ですが、それを売るための許可であり、内容についての保証ではないです。骨董商はいくらでもいますから、信用できるところから買うのが何より大事です。割安なところがないわけではないですが、基本的には相場がありますから、そこをよく理解しておくべきです。つまりは、あまりにも安いものは何かあると思ったほうが良いです。ちなみに当然ですが、買取もやっているところが殆どであり、家にある古いものが意外と高く売れたりします。