骨董展

骨董品に関するよくある勘違い

最近では密かなブームとなることもある骨董品ですが、いまだに一般的な知名度は高いとはいえません。そのため以下の様なよくある勘違いや思い違いをしている人も多々います。誤った取り扱いをしないためにも、どのようなことが勘違いとなるのか、しっかり知っておく必要があります。 まず挙げられるのが骨董品は古ければ古いほど価値が高いという点です。たしかにそういった品はありますが、そのように価値の高いものは元々の芸術的価値が高かったり、保存状態が非常に良好な場合のみが当てはまります。そのため大量生産された骨董品や保存状態が劣悪なものはほぼ価値がない商品といっても過言ではありません。 次に挙げられるのが価格の高いものに関するよくある勘違いです。価格の高い骨董品を設置すればそれだけでセンスが良いと思う人も中にはいますが、あくまで骨董品は家具などの一種なため、無造作に設置してもセンスが良いとは限りません。安価なものでもしっかりと考え配置を行うことで、センスの良い室内や庭園を作ることが可能となります。 上記のようなよくある勘違いを抑えておき、自身が勘違いをしないことも重要です。