骨董展

バブル期こそ骨董の需要が

バブル期こそ、骨董の需要が最も高くなるときであるといえます。ですから、非常に大変ではありますが、その時期を見計らって売るのがベストであるといえます。逆に買い時ではありませんから、そこは注意したほうが良いです。はっきりいって、需要によって相当に金額が左右されてしまう賞品が骨董になります。そもそも骨董なんてものは、生活必需品ではなく、趣味の領域なわけですから、あくまでお金我余っているときに売れるわけです。そのあたりが需要にとて影響があるといえますから、覚えておくと良いです。ちなみに安いものもありますし、高い品もあります。それこそ、高級車一台に相当するような皿があったといえば、数百円の古銭があったりもします。そのあたりは売れるかどうか、希少であるか、或いは歴史的な価値があるかで決まることになります。特に欲しがる人が多いような骨董品であるのか、というのが大事であり、歴史的な価値がそのまま価格に確実に反映するとは限らないです。